Building

一括借り上げのコツ

一括借り上げについて知っておく

新築投資マンションを購入するときに30年一括借り上げ制度を利用すると言う方法があります。30年一括借り上げとは、保証会社がその新築投資マンションの家賃を保証するので、投資マンションを購入するように促すことです。 これは、投資家の立場から見ると、保証会社が投資マンションの家賃を保証してくれるのでとても助かります。30年一括借り上げとはその家賃保証が30年も続くということを意味します。 ですが、一括借り上げにはそれなりのリスクを伴うことを知っておかなければ損をします。 まず、長期修繕のプログラムというものがあり、マンションが劣化した時にはその修繕をしなければならないということです。ここまでは当たり前です。

結局得をするのかどうなのか

ですが、単にマンションの持ち主に任せて自分たちで勝手に修繕をしてくださいと言うことではなく、保証会社と契約をした業者が修繕をすることになるのです。保証会社としては業者と契約をしている分高めの修繕工事になってしまいます。この点を見ると持ち主には損な制度なのです。 また、2年ほどで家賃の更新を行うという決まりがあります。これは家賃を2年おきに下げるのと同じ制度なため、一定限度を超えて下がり続けると持ち主には損になるどころか赤字になってしまうのです。 かといって勝手に解約をすると違約金が発生してしまうことがあります。 もし、30年マンション借り上げ一括制度を利用するときには、確実に満室ないしは9割以上が埋まる見込みが出てから利用したほうが良いでしょう。