Building

土地活用の方法

相続税の負担の大きさが違ってきます

マンション経営や駐車場経営など土地活用の手法は様々です。土地に対する相続税の課税上の取り扱いは、その土地活用の手法によって異なってきます。 マンション経営をしている場合の土地は、評価額を減額されることになります。貸している立場にあるとは言え、簡単に出ていってもらうことはできません。そんなことが可能となれば、借主の生活は不安定になります。そのため、マンションの借主は法律により強い保護がされています。自由に土地を使うことができなくなる貸主は、その分その土地に有する価値が減ります。結果、評価額が減額されるのです。 対して、駐車場の借主は強い保護はされていません。貸主が有する価値はほとんど減らないということで、評価額は減額されません。 土地活用という意味では同じですが、課税上の取り扱いは違ってきます。注意して下さい。

さらに負担を減らせる手法です

マンション経営、駐車場経営よりも評価額を減額できる土地活用の手法があります。それは、土地のみを貸す場合です。 土地を貸すと言ってもいろいろなのですが、この場合は宅地として貸す場合です。借りた側は家を建てることを前提として土地を借ります。マンションの借主に対しては強い保護が必要だと書きました。しかし、宅地の借主には更なる強い保護が必要になります。高額な資産である家を借主が建てているからです。このため、マンションを貸す場合よりも、貸主の有する価値は減り、評価額は大幅に減額されます。 相続税の負担がとても小さくなる土地活用の手法ではありますが、契約解除が難しいのも事実です。この手法を利用する場合には、より慎重な判断が求められます。